●作品について●

当サイトに載せております作品は、主に2回目個展後の作品です。全て油彩作品ですがミニチュアールには葉書サイズ水彩もあります。作品についてのお問合せ、ご注文は下記までお気軽にお願いします。。
水彩葉書サイズ マット額は初期より 沢山に増えております。
info@takahasiyuri.ocnk.net
髙橋佑理


ホーム絵描き日記
絵描き日記
絵描き日記:1442
«前のページ 1 ... | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 次のページ»
2012年09月29日
同窓会会館に掛けて頂く「絵」をH・Pから選び 本物のキャンバスを出して
並べてみる。自分では完成と思いアップしていたが おそまつ~~!!
気になる所一杯!
「師匠」の小品 じっくり拝見してきてその感覚を頂いた。何時も拝見している
作品だが立派な「額」に入り 画廊に並ぶと一点、一点が素晴らしかった。
忘れてはいけないこれらの感覚!細部の処理。
「倉敷個展」で先生の作品、ユックリ拝見して良かった。

私の「絵」を修整、似合う「額」に入れ 女子らしい「絵」を会長さんに写真で送る。
師匠」に教えられた、、、そんな風の「絵」を掛けて欲しい。
2012年09月28日
「女子学園」時代の方達、会えなかった方も私の小さい水彩画を貰って下さった。
ことずけものも頂きました。段取りをして下さった友人のお陰でした。
しかし 70にして皆様お仕事に家庭にお忙しいのにわざわざ私の為来て
下さった様で。 うちに 帰って又、「絵」とブログにはまっている私。
お暇な人。しかし 絵の修整、新しい絵の構図等 沢山仕事がある。
あちらでスケッチを少ししたがカメラを見ると肝心の瀬戸内海。。。瀬戸大橋
何故か写っていない。。。記憶のみで色塗りできるかな?私にとって
貴重な風景画なのに。

「女子学園」の校長先生の懐かしい「日めくり」頂いた。懐かしい言葉の数々。
** 人のためよろこんで尽くすことこそ、『私達の尊いつとめ』であります。 
** 花の美しさを私達の心といたしましょう。
** 清い心の持ち主は人を憎まずねたまず人に誇らず高ぶらず。
** 逢う人ごとに優しいほほえみと、優しい言葉を交わしましょう。

これらは幼い私達に教えられた言葉の一部ですが私は日頃、忘れて居り
ました。現代でも通用する言葉、今だから「心」に置いておきたい。

姑も同窓生で良い家庭に来ました。
2012年09月28日
倉敷から岡山で下車し、駅の裏

に住む叔母を訪ねました。まわりのの皆様の
助けを頂き一人暮らしの86才、「日本画」を描く叔母私としても話が合い
お久しぶりの「絵」「陶器」

の話題、私も楽しみました。
わざわざ私が訪ねて行く事をこばんでいた叔母でしたが(気使いして?)
ついでに寄れば少しの間の楽しい語らい。。。又来るね、、、来てよ!
と言って別れて来ました。
只一人の親世代の身内 私は随分世話になって育ったので**
嫌われない程度に疲れない短時間・・・たまには顔を見せたい。
駅の裏なので日帰りも出来る。
これらは亡叔父の作品の一部です。叔母はとても大切に2Fに展示、何時も
見せてくれます。

2012年09月26日
「倉敷個展」、私は、せっかく来たのだからと、画廊に長い間おりました。
人のいない時は、「師匠」のお作品良く見せて頂き、勉強させて頂きました。
午後、同級生だった友人三人がお忙しいのに岡山から来て下さり、
お久しぶりの再会、画廊のとなりで軽食の席で歓談。
同窓会会長さんから、同窓会会館に「絵」の寄贈を言われ、私としての良い
作品を母校にお願いしたい。永久に掛けて頂けるのだから。。。

先生の作品を心ゆく迄拝見して 私のH・Pにある「絵」、何かもう一つ
バックの塗り込み等、描き足らない。お粗末。それを感じて収穫を頂く。
2012年09月25日
私はどうしても行きたいと思い「倉敷個展」へ行く。少々の腰イタよりそれに興味がある。
「佐藤教室」へ地元から来られている方を除き、こちらから伺うの私だけ、、と思う。
東京での個展と同じか?見る方が地元の方だと又、違う?
岡山支部の先生方にも会えるかな? 「師匠」とは入れ違い・・・で。
皆んな、大作、頑張っているのに!(*^_^*)!

私は「絵」で好きな事も、行動をしたい。
2012年09月24日
H・Pに夢中でご無沙汰の息子夫妻に電話してみた。
私は自己中心で喋ってしまったが、シッカリ者の姑と私との時代を思い出す。
家族の中だけでは許されるお喋り、しかし世間を少し知った「嫁」は私に
少し控えめで。私は姑が 少しお柔らかくなられ ズットこの地でお世話し 
逆に私に頼って下さった『母』、、。
懐かしいが家族とはそういうもの・・・タマには話して見たい。

倉敷行きの前、腰痛悪化で整形医の息子に聞く。電話ではどうにも
ならなかった。自己中心の私のお喋りに終わってしまった。息子達は誰も
あちらからは何も言って来ない。「嫁」からのメールのみで。
独り者はどうして居るのか、、、クールに頑張って居るのか?(・_・)な?
中々来れなくても家族は時々コミュニケーションをとりたい。
2012年09月23日
嫁は私のH・Pに残りの資料をアップしてくれているが、 思いがけない10年位前の写真を。 私が初めて地元で絵の発表、展示をした時の案内状。
ブログのサイトの中に入れてくれている。
以前の会友推挙の時の「絵」も、彼女が突然出してくれ驚いたが今回はもっと驚いた。  未だ持っていたの?
丁度その時、彼女はお産の為、上の男孫をうちに預けていた。
一人で優しく育てられ、ナイーブな彼だったが初めてママと離れる生活を体験して
心細くて、優しいママからのイラスト入りのフアックスが届くと嬉し涙、涙の彼。
私としては珍しい男の子だった。
今、彼女のメールによると、「これお母さん懐かしいと思いますよ(^w^)」
小さかった時の息子を思いだす記念の「絵」の写真だと言う。
大事にとって置いてくれたとの事。宝物です、、と?

今、受験勉強に励み、サッカ―選手として大活躍をして。私が彼を連れ
展示会場に何回か行った時の事、覚えているとの事。
心の優しい、それでシッカリした青年に育ってくれる事、期待する。

今から見るとお粗末な「絵」ですが会員推挙の作品、F100号です。
2012年09月22日

マーケットに黄色い洋梨 初めて見つけました。洋梨は私の「絵心」を誘う
モチーフです。やっと秋、暑くて描けなかった、、、油絵。
地元で喜んで下さる「小さい絵」、描きますね。 「佑理さんはブログにはまって
絵を描いていない」と、囁かれている?? 大作を 頑張っている方が
いると言うのに。

真っ白く、ほんわか、柔らかい・・・さすが「新米」、今年も送って頂きました。
美味しい秋ですね。

ブラジルの魂、サンバ・・・ ポン デ アス―カル・・・コルコバード・・・
リオ デ ジャャネイロ、世界遺産との事。テレビの映像、今懐かしい、私達に。
2012年09月19日

夏の暑さには参ったが やっとSMで「バラ」を描いた。
小さい作品とは言え、やはり油絵は楽しい。
小さくても「バラ」は豪華。。。

昨日は整形外科へお薬を頂きに伺った。
夏休暇に医院の改装をされた時、診察を受ける前の中待ち合い室に、患者さんの作品を掛ける壁のスペースを作り、吊り針金を5本、作品の下には画題札が付けられる様に。
先生は以前から作品展示にご協力下さり、壁を貸して下さっていた。この度、
待つ患者さんが座ってユックリながめるスペースを作って下さって、先生のご理解嬉しい。
以前 私がお願いしていた待合室には、F6号で掛けるのが高く、 私は自分で出来ず皆様にご迷惑をおかけしていた。
この中待合い室は、長椅子に乗っかれば小さい絵を自分で掛ける事が出来る。
前の「真鶴風景」SMと、今度は 「春に」 人物画とかえて来たのですが、良かったと思います。ほかの方の風景画の中で、、、。
「春に」SMは、このサイトに出ているのよりバックを黄色く直しています。

今朝、起きてみると嫁が「絵」を出してくれていて・・・新作「少女」 F30号 嬉しい。
このところ油絵の新作、ご無沙汰で。
主人の理解から家族はみんな私の「絵」に協力、理解してくれる。
嫁まで巻き込んで。。。有難い。
もうそんなに頑張らなくても、楽しく描いて、「絵とつれづれに」に出せば
良い今の私。
嫁のメールより     
(~~P・Cへの画像取り込みに関しては実際に描かれた お母さんが
されるのが一番いいと思うので涼しくなってから 一緒に頑張って
やりましょう。~~)と。
2012年09月17日

何時ものように一人 ユックリ朝食を頂きながら、テレビを見ていたら、岡山の
カトリックの女子大の85才のシスター、理事長先生の話題が。
精一杯、笑顔で生きたい。何も出来ないでも 只笑顔でいよう。。。
置かれた所で 咲きなさい。上手く咲けなくても 次に咲くための準備、、、土の
下に根を張ること。
お若い頃 シスターは苦労され、うつ病になられ自殺も考えられたと。
まわりの方の言葉に共感され立ち直った、、、との事。
年を重ねられ 人に助けられる事があり。。。謙虚さと感謝の気持ちを持つ事。
P・Cメールも携帯メールも70才を越えて練習、、、学生の気持ちが
解るために、それは笑顔で生きる秘訣と。

私も年を重ねたがシスターよりは はるか若い。
シスターは「今日は私の一番若い日」、、、と。
シスターのご苦労の人生経験から 生まれた言葉、、。
自分が置かれた場所で苦しいがもう少し生きてみよう、と呟いて見て下さい。
85才の彼女のお元気な笑顔、今でも教育にたずさわり 素晴らしかった。

このカトリックの女子大に私は若い時、通ったが伸び伸び育った「女子学園」
から、外国人シスターの英語も解らず、地味で真面目な学風。
どうやら 私にはつまらないし その時 「絵」を描きたい傾向の女の子でした。
ついにやめてしまったが。。。でも 一生の友達を得た。今 とてもお世話になる。
中学から女子教育のみで育った私、少し甘かったんじゃあないの?

 今の私は「有難う。」と「笑顔」で街の人に接する事にしている。
年を重ねると 人に優しくなれる。それに答えて来ない若者は。。。??

地元で私を理解してくれる方嬉しい。この年の生き方で元気でいたい。
2012年09月15日

私は暑さの中で油絵より小さい水彩画が面白い。
 
楽しいのでモデルを考えては描き、作品が増えて行く。
葉書サイズの水彩画なのであるが大まかに描けたら 教えられた
「絵の理屈」で修整をする。。この小さい水彩画、白い画用紙がバック。。
「立っている絵」、二次元である画面に合わせて調整して絵を立て
遠近をつけない。長いことご指導を頂き すこしは身についているが、、、
油絵での大作の場合は難しい。
この葉書サイズは自分の感覚でその様にする。面白い。
そこで、チョット「師匠」の著書 「もっと自由に絵を描こう」を出して見る。

遠近をつけないと言う事は先生から長い間、壁を描くと言う事を
教えられ一生懸命に各地に写真取材をして100号にかなり長い間
描きました。
現在は人物画ですがそのお陰でバックは立面にしています。
色は様々ですが。
久しぶり、先生のご本を開けて見て以前とは更に進んで読んで見たい。
2012年09月14日
昨夜、永い間お付き合いのある 岡山の「女子学園」時代の友人から
お電話頂いた。 彼女が中心に大先生の個展の案内状を配ってくれた。
私のために旧友を何人か集めてくれ 岡山から車でお連れし、「個展」を
拝見、お茶の席を段取りをしてくれるとの事。
70~71才のみんな、中々集まれない方もいるとの事、彼女がすべて、
仕切ってくれた。 私も腰痛がその時、快調である様に。

二年前の私の「銀座個展」にも合わせて上京してくれたり、岡山の果物を
色々送ってくれ、彼女には本当に何時もお世話になっている。
都会暮らしのながい私は以外とクールなのだが 彼女だけは長電話で故郷の
情報を頂く。本当にいつも何時もお世話になっている。
同窓会会長さん その友人等、集まって下さる。。。との事。

倉敷でこの様に集まって下さる事、大先生の個展のお陰。
ご無沙汰の友人も これを機会に良いお付き合いになる様にお願いしたい。

2012年09月13日
九月半ばになれば何とか暑さも一息付ける。
若い「絵」の友人が「おめでた。」との事。 ズット「絵」を勉強されて、現在
乗りにのって 先頃「受賞」されたところだ。
しかし彼女は「絵が描けなくなる。」と少々、ショゲテいる。
私の経験から 「絵」が好きならば女は家庭にいて、何時かは描ける。
好きならば。。。。ね。
子供を産み、育てる事は家族にとっても 彼女の人生にとっても とても
大切な事。

私も子供が多く、喜びも苦労も心配も いっぱいあったが、 現在サイトに
「絵」をアップしてくれる 「嫁」、 今は 家族に大変世話になっている。
次の世代に頼る生き方が目の前にせまって来ている私。

若い妊婦の彼女は将来の事はキット全く考えてはいないが、
長い人生のうちで 幸せの真っただ中にいる。(私もそんな時があった。)
子供を育てても、絵が好きなら 彼女も又、「絵」の世界へ戻って来ると思う。
その様に期待する。私も10年のブランクで 今も 「絵」を描いている。

以前のように大作で入選、受賞を 目指した頃とは全く違うが今は
家庭にいて私は何時でも楽しんで描き どこかに お願いしてかけて頂く。
今の私はそれで良い。
今の私はそのくらいしか発表の場も力もない。 有難く感謝している。
先ずは写真に撮り、「絵とつれづれに」に記録しておく。***
2012年09月11日

「奥様先生」の個展、新宿へ伺いました。丁度「教室」の仲間、Ⅰ子ちゃんが
お手伝いにおられ、一緒に話して拝見しました。
「奥様先生」は「教室」で私共に教えて下さる時、又シャンソン歌手のお姿、歌、
今日ユックリ見せて頂いた、「個展」の「お顔」は素晴らしい「女流画家」の自信
のお顔でした。その様に頑張って生きてこられたのです。

アクリル、水彩画で箔も使われ 何時も教室で拝見する作品もあり、素敵な
女性の人物画に、花、果実を配し、又バラ、果実など 先生独自の魅力的で
優雅な、気品にみちた お作品、 30点余り。。。
一堂に並べられると更に 素晴らしいと思いました。
厚塗りの油絵の「師匠」と一緒に生きて来られ  全く異なる「奥様先生」の
独自な世界、世界。。。

私共とお話下さるのも気の許せる弟子との女性同志の仲、デパートの企画展
の事など教えて下さった。デパートの「是は大切な商品」で、責任があるとの事。
私共がする画廊での「個展」とは全く違う。。。このようなハイクラスの「個展」
にしばらく居させて頂き「絵」以外にも とても勉強をさせて頂いて来ました。
元気も頂きました。

「師匠」と共に頑張って生きてこられ、ご自分は「シャンソンと絵」、、、と。
私のような半端な女性ではない。素晴らしい「奥様先生」***
ご自分の強い「意志」を貫いて来られて絵と歌の今の人生、女性として尊敬
する。
少し元気がなかった私。 凄~く、すご~く 元気をを貰って帰って来ました。
気持ちの整理をしたら 真面目に「絵」に本腰を入れなくちゃあ~ね。

とは言っても 久しぶりのハッスルで少し 疲れた。良くジックリ考え、次の
「絵」の段取りをしたい。先ずは、画室の整理から。。。
2012年09月10日

「木の器」を制作に頑張っている、「佐藤教室」の仲間、中藪君の事。
私の「絵描き日記」に以前、書きましたがこの度相互リンクをお願いしました。
  ( 2012年7月10日・・・7月19日・・・6月11日・・・4月15日・・)

現在の、又、是からの彼の活動をご覧ください。
彼は今どきの青年には珍しく、素直でおとなしく 私のような年寄り
に対してでも 真面目にお付き合い下さり、とても好感を持ちます。
 しかし、心の中ではシッカリ 「木の器」に対しての情熱、自信、素晴らしい 
エネルギー。。。口には出されないがご自身でやりたい事で真面目に
生きて居られます。


彼が決めた「木の器」での生きる道、頑張って行かれること、見守り
ズット、エールを送りたいと思います。

この「木の器」の写真は「佐藤教室」のお庭で撮りました。
製品の出ているカタログもあります。
リンクは「絵とつれづれに」のリンク集からご覧下さい。

2012年09月08日
今日こそ、奥様先生の個展に伺おうと準備もしていたが、このところ 夏の疲れか
疲れやすく 遠出は止めてしまった。
こう言う時は、許される夕食のお惣菜を買いにマーケットへ行った。
 ところがH・Pの先輩にお久しぶりお会いする。結構、お喋りををした。
近頃、マンションの中でも お互いご挨拶のみで行きすぎる事が多い。
彼女は嬉しかった。 アドバイスのメールは最近はないが、、、以前は
色々な事、教えて頂いた。見てくださっているとの事。

H・Pを持って気が付くのだが、見て下さっていても、口には出されない。
見られていないのかも知れない。私も人様のはそうだが。。。


私は自分の「絵」をうちに眠らせて置かないで、なるべく人の中に掛けて
頂きたい。それが「正解」だと思う。 人とのつながりも頂けるし・・・・
現在、地元で四か所、主に医院にお願いしている。小さい「絵」が喜ばれる。
P・C教室には家から近いので、小さいので多く並べて頂いている。
白い壁をみると、ついお願いしてしまう。
それで私も描くのに元気を貰っている。同じものは持って行けないし、
季節に合っている「絵」が良いので。***
2012年08月28日
「師匠」の倉敷個展に際して、岡山の母校の「女子学園」にお願いする。
同級生だった同窓会会長さんからお便り頂いた

私も岡山を離れ50年近くになるもので、少しの従兄弟、従姉妹達くらいしか見に
行ってくれる親戚は今はいない。
岡山で今もお付き合いさせて頂いている方は、「女子学園」の少しの友人のみ。
ところが、その友人二人に電話でお願いすると、すぐに了解。
お一人は「絵」を描く方。もう一人は倉敷出身、地元の友人が多いとの事。
優等生だった同窓会会長さん、私も50年もたてば少しの
コンプレックスも消え失せ、友人づてでお願いする。

私が大変お世話になった「師匠」の「絵」を 皆んなに見て頂きたい。
故郷の友人達、皆んな同い年、50年余り以来の再会もあると思う。
同窓会会長さんには、先生の人物画の絵葉書でお返事をする。
2012年08月26日

「絵」を出してくれている息子夫妻、高校受験追い込みの男孫と小学生の男孫家族だけ先に帰国、海外赴任がまだ続く息子。
八月に2度目土日を挟んで夏休みで帰国したが。。。日頃 女親一人で頑張っている。

彼女の写真入りのブログによると、下の孫を連れて自転車でプールへ・・・
空いている朝一に・・・ママは水が苦手とか・・・
また別の日は孫の誕生日に ポケモンセンター東京へ 遊ばせて来たようだ。
その他に東京の駅のポケモンスタンプラリーへ 都内の駅をめぐって・・・スタンプ。
池袋サンシャインの水族館へも行って来ようだ。
 一日都内をまわったとの事、今の時代の子供の興味、、、キット退屈した孫に
付き合って考えたと思う。父親が留守で・・・夏休みは大変。しかし彼女は全く
愚痴を言わない。家に居ても帰りは遅いので、今までと同じ。と・・・
昔の私も同じだった。世の中に役にたつ人は午前様も、しょっちゅうで。
定年後は自由な今。。。今、何時までも元気でね。


昨日は夏休みの息子が主人の車を借りて、この近くの遊園地プールへ行った。
息子は自分の学生時代のノート等の資料はないかと、、、言う。
彼も高校受験前 帰国子女だったので、孫と同じケース。

サンパウロでサッカ―少年で過ごしたが、千葉で公立中、高校をへて、
一年 在宅浪人で私も思いもかけなっかった、ハイな国立大へ入学した。
塾のない時代、一人で頑張った主人は自分の経験でバックアップして助言、
励まし、リードした。
殆ど塾にはやらなっかった。。。
弟達も同じに 頑張ったが 色々。。。。男は自分の自覚次第、
同じに教育をしても 本人の努力で・・・40代の今がある。

若い時に頑張って勉強した者が 40代それなりに生きている。

私は子供達に殆ど怒る事をしていない。 ゴチャゴチャ言っても男には無理。
マズイ時はお互い黙った。 それで、皆んなフリーに生きている。
タマに会うと ブッキラ棒で。。。でも、家族はそれでも 気にはしない。
男ばかりで 私もクール、、、 心配も一杯したが。。。 
 今は「絵」とH・Pが楽しい。 女の私は得な生き方をした。誰かのお陰で。


息子が本帰国して、孫達に男親としての教育が出来れば良い。
「嫁」に私は言う。。。「私は食事を作って 洗濯をしただけよ。」。。。と。

男の子にはシッカリ した父親が必要。・・・と思う。 

2012年08月22日
私は月に一度 骨の薬を頂きに整形外科に行きます。 その時「絵」を持参、
掛け変えて頂きます。   
待合室のメインの壁を 私の為にあけて下さっているのですが、高くて私は自分で
掛けられなく、お忙しい方々のお手を煩わせてしまいます。 
それで、私は今日は、SM で「真鶴風景」 小さいのを持って行きました。
別の壁なら自分で。。。と言うのですが、院長先生は待合室の壁にと仰る。

この「真鶴風景」はF6号もあるのですが、数年前、8月の炎天下のもと灯台を見おろし
ご指導頂き描きました。
先生は現在 お忙しく、写生は中止の事が続いています。

診察の時、院長先生に 「師匠」の倉敷個展の案内状をお見せしたら、
とても 感激され ため息のごとき・・・でした。
先生は現場で描かれるんですよ。  東京でも個展されますよ。。。。と私。
東光展、日展は人物画です。。。と。
お見せするつもりが 「有難う。」と言われ、カルテのファイルの中に。。。

若先生の診察の時は、私のH・Pで「絵」をリクエストして下さり 持って行きます。

私の「師匠」の絵を良く解って下さる 院長先生、とても 嬉しかった***:

「師匠」は私達に、これは「絵の具」の色だ・・・と言われる事がある。
「富士」 と「旭日」。。。この絵は同じに絵の具を使われても何と言ったら
良いのか解らないが、臨場感かな。。。・これが。。。素晴らしい。

倉敷個展に伺って見る*** 9月の終わりに。
故郷の友人達に大変 お世話になる。幼なじみはとても、、、有難い。

この案内状、 嫁が佐藤哲ウェブギャラリーから 私のサイトに頂きました。

2012年08月20日
月に一度の 「裸婦デッサン会」に伺って来ました。
暑いあつい真夏の日、、、お部屋も裸婦にあわせた温度でお願いする。
私は回りの目も考えず つい上着をぬいでノースリーブで取り組みましたが、ついに20分のワンポーズは一人で休憩にして・・・。
私の描いたのを見るに見かねて飯田さんアドバイス下さる。 
私は今までの油絵の人物への描き方がつい出てしまうのと、ポーズをした全身は余りやった事がない。
鉛筆も柔らかい6Bで描いていたが、彼女は細いシャーペンで。  
そういう事を優しく教えて頂き、徐々に出来るかどうか一つ学んだ。
・・・今回は モデルさんのポーズ、とても複雑で難しかった。  

終わったらしばしの間 お喋り会・・・。
30代、40代のパワーのあるベテラン達の間に入れて頂き、オシャベリ
楽しかった。

家に帰ったら「嫁」が又、H・Pに「絵」を入れてくれている。
それに説明文を入れる。
若手のパワー、沢山頂き 元気を貰う。

今の私はマダマダ 描いて行かないと****

ここに出している 裸婦は以前の作品です。
«前のページ 1 ... | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス