●作品について●

当サイトに載せております作品は、主に2回目個展後の作品です。全て油彩作品ですがミニチュアールには葉書サイズ水彩もあります。作品についてのお問合せ、ご注文は下記までお気軽にお願いします。。
水彩葉書サイズ マット額は初期より 沢山に増えております。
info@takahasiyuri.ocnk.net
髙橋佑理


ホーム絵描き日記
絵描き日記
絵描き日記:1440
«前のページ 1 ... | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | ... 72 次のページ»
2012年12月29日
昨日は重~~い、ショッピングカートを引っ張り 地元のスーパーへ行った。
ところが、今日は腰痛で。
おせちの買い出しするつもりだったが家に居て「秋の果物」の小品や、
「少女」を直し仕上げ、H・Pにアップする。そういう事をすると夢中になってしまう。

姑から 教えて貰った「ブリ雑煮」、我が家では主人始め皆んなの希望、習慣で
五十年間、しかも 3が日同じのを、私は作って来た。もうお手上げ、今年は
私共の少人数のだけで。 
 先程、嫁から「ブリ」は何日に買うんですか~~?とメールあり。
姑風の「塩ぶり」にして置くのが美味しさのコツなのです。 五種の野菜を
それぞれに切って、茹でて・・・  よくぞ50年間、やって来た。
海外から 息子が正月休みに帰って来るので、嫁に作って欲しいとの事。
「有頭えび」のお煮しめも 昔は生きの良い瀬戸内海のエビだったが
今は外国産のエビで済ませる。
うちでは誰もおせちを買おうとは言わない。皆んなお正月のこの味を求める。
私も人が作った「味」は好まない。
嫁達も美味しいと 言ってくれるのでレシピを送っている。
黒豆、きんとんは今年は出来たの買う事にした。数の子は毎年お歳暮に頂く。
 さ~て 明日の調子は? 立って動くの辛い。H・Pに座って休憩する。
でも 私が作って、お正月は頂きたい。お屠蘇でお祝いして。
主人も手伝ってくれる。。。
2012年12月28日
私のこのH・Pにリンクして下さっている 「アトリエアイル」の飯田さん。
この度、美術雑誌 『美術の窓』 1月号 (P219)に 「日展洋画」の良好作品として取り上げられました。  先頃の彼女の「日展」入選作品 『遙』 F100号。

彼女のデザイナーとしての独自の世界、最近の彼女の作品は裸婦を主役にバックの立面は動物を配して製作されて居られます。
以前の着衣の作品も私は素晴らしいと思って居りましたが、裸婦は思いがけないモチーフです。
しかし、彼女はズット長い間 裸婦の勉強をされていて、それにデザイナーとしての素晴らしいアイデア、感覚、若さでしか考えつかない発想。

これからの、素晴らしいご活躍 ご躍進を見守らせて頂きたい。

私の「絵とつれづれに」をデザイン、制作して頂いたご縁で現在とても親しくさせて
頂いております。
2012年12月27日
関西なまりで柔らかく 優しく、励まして下さった先輩、私が子育て後、東光会へ出品復帰してから、今から30位前になりますが、、、。
50年位前、私は結婚の為上京し 東光会のもう亡くなられたお偉い先生のお宅へ少しの間、ご指導頂く為に伺って居りました。その時の奥様方が若い私を仲間に入れて下さ
いました。

その中の、お一人の会員の先輩の奥様が子育てブランク後、出品、東光展復帰した私に声をかけて下さったのです。

知人でズット独身で頑張って居られる方々は立派な会員になられてご活躍されていて。
一般出品を又、永い間 始めた私にかけて下さったお言葉です。
    「頑張り~や~~」。。。

その後 東光会の「新年会」、「懇親会」でお会いする時、私は彼女の隣の席に
伺いお話をしました。

この度の東光会の 「会報」によると「退会」。。。と。もうお会い出来ないのでしょうか?


  『がんばり~や~~』 有難いお言葉です。

彼女は50年以上、出品をされていたのでしょうね。私もアヤカリタイと思います。
故郷の先輩の先生が導いて下さったお陰で「東光会」で色々な出会いがあります。
2012年12月26日
きのう 「人物画」に一日中突っ込んでしまった。 運動不足とは思いつつ気持ちと
頭がその様にさせてしまうのです。
一日、苦労の末 何とか少女の可愛さが現せて来たようです。 嫁がくれていた
冷凍高級鰻と味噌汁と茹で野菜で、夕食を頂き 殆ど何にもしなかった家事は。。。
「絵」のみにはまった一日でした。

床に入り 「師匠」の同じ F6号の少女像を拝見する。手なれた勢いのある
お作品で、とてもマネ等、出来ないがバックの塗り込みに気付く。
 もっともっと塗り込んでいく必要がある。
何時も 新作にはこのように夢中になってしまうのですが 体を壊しても 「絵」が
描ければ良い!とその時は思ってしまう。
先生のお作品と私のと比べてみて ヤット ここまで自分なり 出来たかと。
これから シッカリ、味を出し塗り込みをしなければならない ・・・

出来たら写真で見て頂く。。。先生は良い、のは「良い」と。 色が・・・と仰れば
今日は洋梨と柿を買って来た。見ないと表せない本当の色が。。。
2012年12月25日
Xmas Ev二人だけで過しました。ツリーも出さずに、、ケーキも買わず、普段とは少し違う献立で。
日本のスーパーは丸鶏、モモは沢山ならんでいるが焼いてあるもの、味付けしてある物、私は生が良いと買って見たがタレ付き、足に巻く紙も付いて。そんなものはいらない。

無事に晩餐?を終えて。
ヤット「人物画」を修整する。厚塗りで気持ち良いがヌルヌル手こずる。初々しいはずの「少女」の顔が 別人に。顔は難しい、特に横向きは。。。翌朝~~

朝食を頂きながら眺め反省する。


この柊の実、新しい絵の具で初チャレンジ如何でしょうか??
前の小さい水彩画、サイトで見てチョット色が悪い。 描き直しに気付く。
2012年12月24日



「佐藤教室」、人物画に行ってきました。
朝、私は何時もの元気はなくて約3時間、一人電車で。
湯河原に降りたら、仲間の青年から声をかけられご一緒にアトリエ迄行きました。
彼は”木の器”制作で生きておられ 私のこのH・Pにもリンクして下さっていますしその前には「絵描き日記」にも何回か書かせて頂いています。 
「絵描き日記」、(H12年4月15日、6月11日、7月9日、7月18日、、、)
息子達より若い青年で手作りで、木の食器を制作、販売されています。
とても素直でおとなしい、真面目な、職人肌の青年です。
レストラン等にそういう”木の食器”を使って貰っているとの事、道々 話しなら教室迄行きした。
着くと私は元気を貰い、親しい方々とお喋り 月に一回、楽しいひと時。喋りながらお弁当を。1時から真剣に 「人物画」をご指導頂き 取り組む事が出来ました。

それを又、しばらく家で修整します。、、、写真を撮らせて頂いたので。
先生に幾つかの小品を写真で見て頂き 指摘された所は修整し再アップします。

今日はアッと言う間に クリスマス・イヴ、二人で静かなイヴで。
クリスチャンでもないのに。。。、鶏モモかぶろうか・・・「歯」に気を付けて?。

弟からメールあり 大阪城ホール、一万人の第九の合唱に参加との事、
テレビでその前座の番組を見ました。
29日に本番 ドキュメント番組がテレビであるそうです。
2012年12月22日
一日出掛けて帰って 描き終えた「新作」を見る。
一生懸命描いたつもりだったが絵に「味」がない、絵の具の色ばかりが目立つ。
そう云う事に気がつくのはたまには家を空けるのも良い。

「最高級水彩絵の具」ヤット手にした。
それを見た時、とても嬉しくニンマリしたが、電車の中で「最高級のセーター」が
買えるお値段、、、。このオバアサンは世の中で変わり者かや?と考える。
画材屋さんが言った。「良い絵を描いて下さいね」と。

高校受験を控えた孫息子と弟とにクリスマスプレゼントで久々会った。年相応に中3は
私には控えめだが母親の日頃の心遣いで「人間性」は良く育っている。
父親が海外赴任で日頃いないが逆にそれが彼の「意識」をシッカリさせていると思った。
帰国子女でサッカ―少年。そういう彼、自分に合った高校を選び、望んでいる様で。
進学したら、これから出会いもあるだろうし 自分自身の成長で考えも変わっていくだろう。
人間性さえしっかりと育っていれば。将来ある彼、自分自身で考え 成長すると思う。
期待しているよ。 

もう一方の家の孫達、元気一杯の小学生と幼稚園児。こちらは親と同じで元気,、
はりさけそうな声で「有難う!」と電話で、上の孫娘はメールで。。。!H・P制作を学校で
でやっているとか。そういうところで教えて貰ったり メールで交流したいものだ。
 日頃ご無沙汰の孫達とクリスマスプレゼントをして私は思いがけなく “元気”を貰った。
年明けにはうちに来ると。
2012年12月20日
年賀状をヤット書き終え、孫達へのクリスマスプレゼントも用意出来ました。
今年はクリスマス・イヴが休日で。しかし孫達も息子達も忙しくやっては来ないでしょう。
以前はイヴには”丸鶏”を焼き、みんなが我が家へ集まったものです。ケーキを持って。
名古屋コーチンをはり込んで焼いた時もありました。賑やかに。
最近は二人でモモ2本をひっそり焼きます。

「丸鶏」と言えばブラジル時代を思い出します。一年中、太った一羽、丸ごとが沢山、
「フェイラ] (青空市)に 野菜、果物など、他の色々な沢山の食料品と共にそれぞれに
店のテントが並びます。道路はその日は閉鎖され決まった曜日に市ができます。

ブラジル人は丸鶏料理も色々されますが私はモッパラ オーブンに野菜を敷いて
丸鶏を焼くのみで。 他の料理は知らない。(教えて頂こうにも言葉が通じない。)

日本ではクリスマスにしか一羽の鶏は見かけないように思いますがイヴだけには
焼きました。大勢集まってくれて。

ブラジルはカトリックの国で皆様、ナタール(クリスマス)には 敬謙なミサに行かれますが
私達は新年にかけて大家族で旅行をしました。
学校も休みで。   30年以上も前の事ですがね。
2012年12月18日



この作品、F6号「ばら」、 とても苦労して仕上げました。 途中でアップしても
又、迷い 修整して再アップしたり、これで一応終わりです。
次の「教室」で写真でお見せし アドバイス頂きます。
いつも 私は「ばら」、苦労します。(後の「教室」で見て頂き、良いとのこと。)

私はこのH・Pに右往左往しながら 取りかかって来ましたが皆様のお陰で
アクセス数、三万台、に突入しました。有難うございます。どなたが開いて
見て下さっているかは全く解りません。宜しければメール、お電話を下さいね。
ご感想等 お聞きしたいものです。
ここの地元にモデルしてくれる方、見つからない。
「人物画」描きたいと そういうの検索するがどうも気に入らない。「教室」で
描く、先生方の「人物画」で教えられた者としては。 来週は「教室」、人物画。
2012年12月17日
一緒に信号待ちをしていた三人の男子高校生の問答。「行きたい大学がある
から勉強するんだろう~?」 「受験生だから勉強するんだ~~」と。
彼らは現役生。 昔の事だが うちの息子達は海外帰国子女で高校受験も
大学受験もその様に気軽に話す友人はいなかったんじゃあ~ないか?
兄の後を追うのみで。。。皆んな別々に 地方へ飛んで行った。しかし今は 皆んな
千葉にいる。主人は彼らに夏休み、アメリカ一人旅行をさせたがそういうの
彼等の今の人生の土台になったと思う。 応じなかった者もいたが・・・


孫息子も今、 高校受験で彼も帰国子女、今 頑張っている。本人には会って
いないが、、、ママは大変。肝心の父親が未だ赴任中で。


何も出来ないオバアサンは「絵」を描いて遊んでいるだけで。
今日、P・Cスクールに又、「小さい絵」お願いする。同じ様な小さい額、
見つけたら P・C横の壁にかけてとお願いすると、若い先生喜んで??くれ。
明日は歯科医院に「バラ」と「柚と洋梨」を取りかえて来る。
同じ様な「絵」ばかりで。
地元でも私を知らない所へはお願い出来ない。断わられる。。。((*+*))

そんなこんなでH・Pに「小さい絵」バッカリ。「人物画」描きたいな~
2012年12月16日
地元に買い物に行く。主人と二人ではめったに一緒にいかないが。
主人は自分が買った物を持ち店員に頑固にクレームを言う。
時代も現代の器機も進んでいるというのに。
隣のカウンターにいて私は何とか空気を和らげなくちゃあ。。。と思い、笑いと冗談で
その場を制す。
年のコウというんでしょうか?若い時の私では出来なかったそのワザで上手く治めた。 
私は最近、人に笑って対する。
バカになって本当もバカなんだけど。そうすると皆んなオバアサンとしてとても良くして下さる。笑って。

主人の母はドンと頼れて、ユ―モアな人で、主人もそういう時もある。
母と私は女学校の同窓で。。。
母のそういう所 これからの人生で生かしてみたい。
母に私はとても 世話になった。
2012年12月11日
友人が作ってくれた「絵とつれづれに」、うちでこんなに楽しんで「ブログと絵」
をかく。 今の生活は考えても見なかった。「絵」アップする事も習い、スンナリ
出せる時 もあれば 右往左往の時もある。 こんなにH・Pに入れ込む事に
なろうとは初めは思わなかった。行きあたりバッタリの発想で制作お願いして。
「旧作」も全部出してしまった。(まずいの一杯あるがね)  「新作」を
描かねばページが動いて行かない。
小品、一段落、、、ここで「大作」へ本腰を入れる。
立って熱中すると とても疲れる。今日 モデルに座って貰い手直ししたが
彼はウクレレ持って歌い出す。夏姿なので 若い日焼けの「男」にしようか?
狭い画室で暖かくして・・・
次作は座って描く 自画像あたりにと思うが。
最高級透明水彩絵の具、注文した。なんの贅沢をするでなく
 自分にご褒美・・・良い「絵」が描ける事を願って・・・
2012年12月10日
埋立地の風は冷たい。 バスをを乗り継ぎ クリニックへ行く。
月に一度 葉書サイズマット額、 二点を取りかえて 受付に置いて下さる。
患者様も見て下さるとの事。  今日は「パンジー」 と「柚と貝」を変えて
きました。こう言うのおばあさんの遊びの様ですが描くの「張り」を頂く。
ところが この「葉書サイズ」どうやら 最近 色が気に入らない。
以前から 友人が奨めてくれていた「最高級透明水彩絵の具」を買ってみる事に。
彼女によると顔料の質が良いとの事、
良い絵の具はそれだけの価値はある、、、と。 はたして私の「絵」に
それが生きるかな??使ってみる。

暗くなってうちのマンションの大きな「モミ」の木に クリスマスイルミネーションが
とても綺麗で。  シルバーとブルーの光で点滅 ***
今年も終わりが近い。。。。(*+*)
昨日から アクセス数、ページビュウ多い。有難う御座います。
2012年12月07日
モデルになると思うと どの様に組み合わせて描こうかと考えるのです。
送って下さった、大きな、甘い立派な「柿」果物好きの私は頂くのも目
がないのです。
葉付きの柚と共に 古い四角のお皿に入れ、描きました。 もっと 構成
考えて「小さい絵」にも描いて見たい。

以前は個展をしたいと思ったが、今は家でH・Pに出すのが良い。
個展は1週間、わざわざ見にきて頂くが H・P「絵とつれづれに」に出せば
私が「削除」しない限り 「絵」は残る。(まずいの迄・・・)
個展もあとが疲れるのでね。私のH・P いつでも開けて見て下さいね。
新作アップしていくので。。。
皆のお陰で 私はいつしか H・P派になった。家で楽しんで。。。
2012年12月07日
今から 20年前の「東光展」で「師匠」の大作、”コスモス”の絵を拝見、
未熟だった私は先生の人物画より それがセンスあり 胸を打ったと覚
えている。
先生の「ご師匠」の絵のお写真と一緒に買っているので、その時私は
師弟関係と認識していたのだろうか。
「お師匠」は会ではお偉く私は近寄る事はなかったがタマタマ、
東光会研究所へ「裸婦」を描きに来られ 私の隣にイーゼルを立てられ描かれた事がある。一言、二言、言葉をかわした。熱心な先生だなあ、、、と 
尊敬の念を持った事を覚えている。 

その後 「ご師匠」は研究会の地で急逝された。

 私が現在の「師匠」にご指導頂くようになり、先生は「ご師匠」を
とても尊敬されておられ
亡くなった後 ご自分で凄く勉強をされた、、、とお聞きした。
現在のお立場の「師匠」、私はそのご縁にいられます事 有難い。
「ご師匠」の厚い画集、以前、良く拝見したが又、折をみて「今」の私の力で
拝見したい。
20年前の私とは違うかな、見方が。買わせて頂いて良かった。
私達が今勉強させて頂いている「師匠」の原点。
2012年12月06日
赤ん坊の時から 祖母育ちなもので、私はこの年になるまで人に頼って来た。
主婦のままで自分の意志では生きた事がない。タマタマ 幼い頃から「絵」
が好きで「師匠」始め まわりの方々にご指導、ご理解頂き 今の私がある。
息子達は忙しいが、嫁達は「絵」を理解してくれ お互い仲良くしている。
突然、嫁から電話あり 「明日は結婚記念日ですか?」と。 忘れていた。

「日展」もう一度行ってくる。見おさめで。。。
私はマダマダ、「絵」を描きたい。 「絵」 を描いていると何かがあっても
心が明るくなる。
2012年12月05日
地元のマーケットには柚はあっても葉が付いていない。 故郷の友人が
この時期、毎年 お庭の柚を葉を付けて送って下さる。干し柿と一緒に。
葉が付いていると私に絵心を誘う。
昨年 30号に女性の立ちポーズの横に柚を籠に入れて描いて
「師匠」に注意を受けた。モデルさんには合わないという事で。。。
その30号、 別の絵に変身。。。それはほめて頂いた。

今のところ水彩と油絵、小さいの2点 柚で描いた。地元にアチコチかけて
頂くがこの手の作品が多い。 今年は少し 大きいの描いて見ようか?
歯科医院に行くと「患者さんが又、絵、変わったね・・・と言われますよ~」と。
そう云われれば「張り」を頂く。 又、持って行きたい。
2012年12月04日
教えて貰った「絵」アップ、お蔭様で自由に出したり、削除している。
時にはどうしても先に進めなくて 突然電話する事がある。忙しい時、 
迷惑と思うが何時もそれで解決する。
 私は自分のH・Pに夢中になると人の事、考えないでいる。
自分のH・Pに出す「絵」、一生懸命に描きアップするが、、、
アップしたら 数日後には本物の絵、見ていやになっちゃう。。。
私のH・Pに一連の「リンク」ばかりを見ていたがこのところ、大きな
美術団体や大きな画廊等日本の美術界に目を広げる事をしている。
リンク又、リンクでクリックすると途方もない美術界が見られる。
私共とは全く 別のハイクラスの美術の世界。
世の中の「画家」の先生方は本当に様々で。色んな価値観の「絵」を
描かれる。

「師匠」中心の我ら 長い間、育てられやはりそれが良い。暖かい。
我らの先生の画法 ズット身についている、と思う。
2012年12月02日
12月に入ったばかりなのにとても、寒い・・・今日は又、ズット家に居て自分の
H・Pに「絵」をアップしたり モデルに座って貰い大作、修整をする。
家にいてもする事、沢山あり 夢中になります。
ところで私の誕生日に頂いたミニブーケで小さい花の「絵」描いてこれに
出しました。未だ、イキイキしている花もあるが同じ花ばかりは どうかな?

「日展」、入選の友人に「素晴らしかったね!」と言うと、「もっと 頑張る。」と。
パワーを頂き 私も「小品」、頑張る。近くのP・Cスクールへ「小さい絵」
持って行き、お願いすると、ご年配のおじ様、おば様大勢でP・Cお勉強、
私もP・C一ぱい解からない事あるが。
私のH・Pでブログ、、、「絵」、アップ出来ればそれで良い。
そのために良い「絵」を描かなければ。。。ね。
アップしても又、削除、直して納得行く迄、何度もやっても本物の「絵」
を見て又、まずいと思う。

「日展」、終わる迄にもう一度、行く予定、「師匠」と皆さんの作品、見おさめ。
2012年11月30日
先ず 「日本画」を見て、、、そこで「洋画」で入選された親しい友人とバッタリ。
「洋画」は私は二度目ですが 「師匠」のお作品、再度拝見し やはりご指導
頂いているので 私には最高のお作品。。。
写真や絵葉書のみで見るより、本物を細部から隅々までジックリ拝見しました。
知人達、「師匠」の所へ 作品持って来られる方々の作品 それぞれに
やはり私は好きです。


私も油絵を描くので・・・「洋画」は興味深く 勉強になりました。
感覚を見習って、よーく考えて、これから 細部迄丁寧に描いていく。
皆んな、それぞれご自分の感覚で描かれている。私も自分の絵で描かねば。

今年も「大賞展」出品案内 来ているが今の私はそれどころではない。。。
又、春に入選されるだろう友人とお会いして見せて頂きたい。
«前のページ 1 ... | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | ... 72 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス