●作品について●

当サイトに載せております作品は、主に2回目個展後の作品です。全て油彩作品ですがミニチュアールには葉書サイズ水彩もあります。作品についてのお問合せ、ご注文は下記までお気軽にお願いします。。
水彩葉書サイズ マット額は初期より 沢山に増えております。
info@takahasiyuri.ocnk.net
髙橋佑理


ホーム絵描き日記
絵描き日記
絵描き日記:1536
«前のページ 1 ... | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | ... 77 次のページ»
2013年05月07日
このところ果物が季節の変わり目で国産の色々、出始めたが未だチョット高い。
果物好きの私はどうしても食後に頂かないと物足りない。
何時も買い物カートはそれで重い。。 
ところが輸入の果物は皆だいたい安い。
昨日、フィリッピン産のパイナップルを久しぶり買った。
これは私共のブラジル・サンパウロ時代の懐かしい果物なのだ。
アバカシ、アバカシと言って子供達は大好きな果物だった。私が切ると皆んな寄って来て競争でパクついた。
気候の良いブラジルは何でも農産物は大きく立派で安い。マモン(パパイヤ)も日本で売っているのとは違いスイカ位大きいのである。切ってレモン汁をかけて頂く。 
アバカシを切るとブラジル時代の暮らしを思い出す。

昨日、デジカメを整理にと削除を繰り返していたら 私のミスか全画像がなくなってしまった。 せっかく撮ったモデルさんの写真が消えてしまった。
「絵」の写真は撮り直せばよいがそれはチョット失敗。。
写真なしで修整するしかない、、
ところが何時もの写真屋さんの器機でその後に撮った「絵」をプリントしようとして気が付いた。P・Cの内蔵写真が一杯。。何だこれは、と店の親しい店長女史に聞く。SDカードをフォーマットしてくれ まっ更にして下さった。
「絵」はそれに又、撮れば良いが折角のモデルさん写真、残念。。。 
まあ自分の力で描きなさい、、、と言う天のお告げか?!
H・Pへの「絵」アップ、なんと 私はいい加減な事をやってきたのか、、、と反省する。
季節の変わり目、何かとうちで忙しい。
疲れたら座って自分の「絵とつれづれに」を見て休む。  
それでずるずる、長くなってしまう。体を休めるにはこれに限る。
2013年05月06日
このゴールデンウイークはうちの若い人たちが来てくれ 少々お疲れで。
昨夜は早く床に入り 今朝はスッキリ。。
いつもの足腰ではなく、現代の人からのカルチャアショックか?
すぐには私の頭に受け付けられない。 しかし 良い刺激を貰った。
アナログ人間の主人も電子ブックで息子に教えられ、聞く。。

私は疲れを感じても、 モデルを前にすればシッカリ描きたかった。今度は
電車を乗りつぎ来てくれたが彼女は一日そのために時間を作ってくれたと思う。
緊張していた前回と違い やはり孫とお祖母さん・・・なの。
モデル代はコンサートへ行く おこずかいとの事で。

こういう次世代との交流も良いのではと思う。 次は夏休みに少し大きいのを
考える。
日頃の私達の暮らしとチョット違う価値観を貰った。
今日もう一日の休日は地元の外廻りを何時ものようにする。

又、葉書サイズマット額をまとめて注文する。手軽で喜んで頂けるので。
アチコチにお願いする「小品」、不足しているので。。ね

2013年05月05日
昨日 帰国してきた息子と家族がお久しぶり うちに来て夕食をともに賑やかに。
私 P・Cのプロに教えて貰う。 メモしなかったのでチョット危ういが・・・
一か月前 緊張して高校入学式にのぞんだ孫息子、慣れてたくましさを思った。
サッカ―部の練習 朝早くから夜まで大変のようだ。
しかし ズット、サッカ―をやって来た彼、父親とも話が通じ 日頃いないぶん
シッカリ成長したように思う。
いよいよ帰国の見とおしの運びのようだ。
嫁からのメールで急きょ決まった夕食会 お久しぶり楽しく過せた。

今日は15才のモデルさん又、来てくれる。 
こちらも現代女性として成長しつつある。。。年を重ね次の世代への楽しみが。
どちらも高校受験、中学受験を頑張って乗り越えての今がある。**
下の孫達の先にも期待する。
今年の連休、収穫があった、、、。まさにゴールデン ウイークに。

「嫁」がYouTubeの曲 一杯入れてくれた。どうやら好み同じみたい。。。
「絵とつれづれに」をしながら聞く。一段と楽しくなった。   (*_*)~~




2013年05月04日
「子供の日」に力つきて亡くなった私達の父 明日は命日、60年も前の事。
広い芝生の庭にこいのぼりが泳いでいたのヨ。 その時。 
何も解らない私だったがお陰で今幸せ**
人生の巡り合い 出会い不思議なもの、「絵」を描いて皆んながそれに
応援してくれる。
明日又、モデルに来てくれる。油彩、水彩で小さいの描く予定。
小さいのが喜んで頂けるから・・・
海外から 息子短い週末に帰国の予定とか家族のみにソットしておきたい。

「絵」を描いてそれをH・Pにアップし 記録するのとても面白い。右往左往して、
家でそれにはまって2年 それが目的で「絵」を描く。

6月のグループ展の作品2点出来た。やはり 新作を出したい。。
2013年05月02日
ヤットこれでいい見たい。 何度修整、アップし直しした事か?? 中学生を
描くの初めてなの。可愛さの残る今、描きとめておきたい。
難しい「人物画」、ヤット完成その達成感・・・苦労を終えて一息つく。
何時もこれが楽しい。
 お久しぶり うちの前のP・Cスクールへ小いさい「絵」を持っていきました。
最近は掛け替えではなく 持って行ったら ドンドン並べて下さる。
私の小いさな「絵」で教室は賑やか・・・

うちで眠った「絵」、 見て頂く。 小さい「絵」、発表していないのもう無い。
描かなくちゃ~ね。   (*_*)

掛けて頂くの小さい軽いのが良いとの事。あちらこちら、SMと葉書サイズで
私、描くの忙しい。。 季節の「絵」を。
2013年04月30日
中学生の孫娘を描いた。
今迄、大学生の方ばかりにお願いしたが、
成長しても未だあどけなさが残る彼女、それを描いてみたかった。
柔らかなひとみ、唇など それを表現したい。
未だ「絵」は固いので、これから修整したい。。
先ず 手始めはF4号に胸から上を描いた。
彼女も、モデルは初めての経験で、少し緊張もしていたが完璧にやってくれた。
これから成長していく彼女をズット描いていきたい。
両親も応援してくれ、孫との会話もでき良い家族の交流の日であった。
私の時代と違い 先の進路も考え理系で学んでいるので折をみて
私にP・Cも教えて欲しい。
モデルをきっかけに交流出来ると良い。
2013年04月28日
夏のような陽ざしの下 連休初日、人、人で賑合う上野公園へ行ってきました。
都美術館は作品鑑賞者で落ち着き ユックリ見る事ができました。
1000点位展示されていて見ごたえのある会場です。

私のは人物のバックが単純であると感じて来ました。
「教室」の友人の作品「サウンドライフ」F100号、毎年同じテーマですが
今年の作品は 更に素晴らしく 1室の入口に展示されていました。(この写真)
私が「人物画」で迷っていた頃 先生は彼女のように・・とアドアイス頂いた
事を思いました。

私の作品を見ていた時 「教室」の先輩女性作家の方が見にこられ親しく
アドバイス頂き、お話出来ました。
千葉からの親しい友人ご夫妻にも。。

もう一度、見残したのを見に来ようと思う。。
2013年04月26日
昨夜、午前1時から今朝5時過ぎ迄 私がグッスリ眠っていた間のアクセス、ページビュウの数が多い。
「新作」を出してはいないのに皆様「絵描き日記」をサッと見て下さるのか。
どうやら、ブログの内容で数が変わる様に思う。
今朝は昨日の上野行きでチョットお疲れで、でも「絵描き日記」を書けば
スッキリして気持ち前に向く。
 
6月の「師匠」のご受賞祝賀会のご案内状が来る。
お世話になった弟子として是非お祝いの席に出席、参加したい。
「嫁先生と息子」の結婚式を挙げたのと同じホテルで。。。孫はもう高校生になった。
時代は巡る、、進む。
「師匠」との出会いはその少し後だったと思うが**

今、年を重ねても「小品」で家で楽しむ事が出来るの「師匠」のお陰で。
画法、身についていると思っていても フット見つけたメモ書きに、
忘れていた事を思う。

10年位前のものだろうか?うちの物入れに仕舞って忘れていた、スイス
アルプスの水彩画を見つけた。思い出と思って残していたのだろうか?
今 見てチョット修整の必要に気が付く。 教わった画法で生きるかな?
この「絵」は?? 写真もないので教えられた画法で直しアップしたが又、
チョット気になる所が・・・
何時も私は「絵」を右往左往して直すが良くなるものダメにしてしまうものある。
サイトに何とか出して見たいから それが私の気持ちなの。

2013年04月25日
昨夜、床に入り父の若い時のノートを開けてユックリ見て驚いた。故郷の叔母から
姉から弟から私にまわって来た古いノートなのだが、、もうページもばらばらに
なりそう。ノートの表紙には”政治学”とあるのだが中身は1700年代からの
何かの経過、歴史の覚え書き? 良くは解からない、ひょっとしたら講義の?
字も小さく几帳面で私には良くは解らない。
父は私が6年生の今頃の季節に自宅療養の後亡くなった。
実業に忙しくユックリ接した事もなかったが春、一か月の間、ゆっくりと家にいた。

その父の学生時代に書いたノート、良く解からないが所どころに美術関係の
固有名詞が 帝展、文展、古いヨーロッパの画家、古い日本画家の名前、
それらには赤いラインが沢山ある。
父はそういう事に興味があったのか?。裏表紙に挟んである黄ばんだ何枚か
の紙に細かい字で詳しい当時の美術界のの記述がびっしり。。
 父が描いたと思う「絵」も。。。
キット偉い当時の日本画家を真似た落描き?か。セザンヌ、ルソー、ルドン、マネ、
ゴッホ、祐三、モジリアニ、・・・
京都府立画学校、サロンアンデパンダン創立、東京帝国博物館、等など。
記述は細かく・・(年号)も。。私が察するに70余年前のノート。何なんだろう??
父が美術にとても興味を持っていた事を発見、落描きには父の暖かさを思う。
父に対するイメージが変わった、驚きであった。
祖母によると、、父は秀才で実業の仕事一筋の人間だと思っていた。

この四角の壺は父が私達「孫娘」を育てた祖母に感謝の気持ちで贈った
浜田庄司氏の作です。
     ***              ***
お天他気も良く東光展初日、行って来ました。「師匠」にお会いして深い丁寧な
ご挨拶を無言のままにする。それが私の精一杯の感謝の気持ち。。 
私の「絵」を確認、又ユックリ 来て見る事にする。
2013年04月24日
このガラスの花瓶は息子がくれたものです。2年位前、カサブランカをいれて描きました。 
彼は今、家に寄りつかないが元気に働いているのかな?

この「絵」を、飯田さんが「絵とつれづれに」の扉ページに自画像と一緒にデザインして下さっているのです。
この度、この「絵」を修整、再アップしました。

飯田さんは、このH・Pのリンク集にある「アトリエアイル」にも出ている様に、最近は裸婦と動物で大作を描かれます。今、展示されている「東光展」、
又、秋の「日展」にも出品されます。
彼女の「師匠」との出会いは、私の倍の年月で お仕事をして「絵」に頑張って居られます。 奥様先生のお弟子さんです。
私は、何時も、彼女には大変お世話になっています。


この作品は現在東光展に展示されています。
2013年04月23日
「嫁先生」が私に一生懸命に「絵とつれづれに」へ「絵」アップ教えてくれる。
P・Cの字は小さいし いくら聞いても右から左、、の私。
シッカリ メモをしてP・Cの前に貼ってくれる。今朝も2時間、「玉葱」が
どうしても暗く出てしまう。
スムースに出る「絵」は気持ちが良いが。

8時の小倉さんのニュース番組に座り 朝食をとる。 ホット、、。
P・Cは奥が深く難しいが彼女は解かり易く整理し 「絵」アップの過程を
教えてくれる。 未だ海外で忙しい息子からブッキラボウに教えられたそれを
更に勉強して優しく私に解かり易くしてくれる。
覚えが悪くなった私、それでも迷う。又 新しい事を教えくてれる。又迷っても
勝手にさわらず又来て貰う。

子育てがチョット一段落、 自分の時間が出来た「嫁達」、姑の為ばかりでなく
これからが「女」の真っ盛り、それをどの様に過ごすか? 元気ならばまだ
長い「女」の人生、それを大切にしてね・・・
私は勿論 「絵」だったが25年余り前、再度東光展に出品始めた。私はそれしか
ないのよ。 うちに居て描けたから 好きだから**

「師匠」にご指導頂いて 15年近く 年も重ねました。
先日、「教室」で私の重~い画材のカバンを階段上がり倉庫にしまって下さった。
「転んだらいけないから」と。。
皆んなに助けられてまだ「絵」を描いている。マダ 教えて欲しい事がある。
まわりの方々に。。。
外出、しばらくしていない。 家で楽しい。。忙しい。
2013年04月22日
ぎゃらりいサム個展の後 全く始めてP・Cスクールをソット覗いていたら女性の先生が「どうぞお入り下さい、お話を聞きましょう」と。
それから始まった、初歩の文字の打ち込みからのレッスン。
私が疲れると知人のH・Pを見ましょう、と。 
それで友人の飯田さんのアトリエアイルを見ること教えて頂き、、、それが始まりでした。

少し慣れると、彼女に「私のH・P作って!」とメール。
OKのお返事を頂いて、何にも解からず、只うちに眠った「絵」が沢山あるだけ。
彼女に随分教えられ引っ張って頂いて、資料提供の末、こんな素晴らしいのができ上がった。
まわりの皆の助けで始めて、今、ここで2年の節目がきました。
今はそれに「絵」を発表する事、「絵描き日記」を書くことにとても楽しい日々を過しています。
P・Cスクールには今「絵」を展示して頂き 時々お邪魔する。
何だか、皆さん私を中心に、家族もみんな・・手伝ってくれる。モデルもしてくれ家事よりうちでこれらに一生懸命で。
もう元気にこうして出来るの10年かな?何時まで楽しんでいられるの**?か*
今を大切にしよう。
これからは小さい「絵」、楽しんで描く事に。
それで100号等のキャンバスはこれから頑張る若い知人に使って頂く。


「嫁先生」のお陰でやっと私、「絵」が出せる様になったようで。
2013年04月21日
今朝、孫娘からメールが。連休に来て座ってくれると、、、。
今日は雨の日曜日なので返信が早い。やり取りですぐにOK決まった。
電車とバスで来るんだけれど、しばらくの間モデルさんいなかったが又描けるね。
家族は皆んな私に応援してくれる。 孫娘との交流も楽しみ、有難う。
楽しい事で、前へ前へ進む、、、嬉しい。

このH・Pは大変難しい。
NTTのサポートの講習お願いしても、P・Cスクールの先生もダメみたい。
「嫁先生」と海外に忙しく仕事をする息子しか私のまわりではいない。
携帯で写真に撮って送り、P・Cの画面を見て貰うしかない。本音で教わる。
電話していたら、余りにも私が解らんちんなので明日又、来てくれる事に。

青いビン2点も額に入れ 玉葱2点も出来たようで。。しかしアップ出来ない。

外は冷たい雨、今日はうちでたまった事を片づけたい。
2013年04月20日
選び出して見て「絵」を少し修整、以前書いたサインがまずいの見つける。
位置、大きさ、色、、、書き直すが、、、今、使っている「佑」と言うサインの字は、
初個展を見に来て下さったぎゃらりいサムのオーナー氏からのアドバイスで。
その時はローマ字でYURIだか、YURIKOだか書いていたが長すぎる、と。
「佑」だけが良いんでは、と。
それから「佑」一字で サム個展でもそのサイン、今もズット私はそれが好き。
ぎゃらりいサムにはしばらくご無沙汰してしまったが、月末、東光展の頃には
先生方の個展。。済んでからにはグループ展 「師匠」等、先生方の「作品」を
拝見に行ってみたい。
何だか遠のいてしまった銀座。 お久しぶりに**

昨日教えて貰った「絵」アップの過程で一つのマークがなくなった 、もう勝手に
さわらずアドバイスを待つ。
P・C一つ間違えるととんでもない事に。。
2013年04月19日
早朝、携帯を見ると嫁先生からメールが。今日は時間があるのでP・C見に来てくれるとの事。
来てイッパイのコピーの「絵」を削除、次々に。。ファイルも一杯、全部消してくれ、すっきり 
二つのメヂアの「絵」のみになりました。。
さすが、若い人、そして、少し変わった「絵」アップのやり方をチャンとメモにしてくれる。
人の気持ちを大事に考え、傷付けない彼女・・・・ 私がイナクナッタラ息子は
「絵とつれづれに」は止めるかな?聞くと。「嫁先生」はCDを持ち こう言うのに
入れますよと言う。。
あ~ 時代は進む。。。そうね、何時でも見れるね。
でもアンマリ?見ないんじゃあ~~ワザワザ。
人は生きていなくてはダメね。

所が主人も”電子ブック”をやる気になったらしい。
P・Cで見せてあげたが小さい字のBOOKを見て一生懸命説明がきを読む。
本を読む人だから。。。
若い家族が皆んな暇を見つけて来てくれる。
時代の変化と共に家族も変化、色々教わる。
2013年04月18日
日頃、私は早朝 目覚め描いている「絵」を見るより
 P・Cを開け「絵とつれづれに」を先ず見る。。
昨日「嫁先生」から 教わった方法でNew Itemsに一つだけアップ出来た。
「絵」ほかにもチャレンジしたがチャンと段取りを踏んで「参照」を開けても
その「絵」が出てこない。苦労しても出せない!出てこない。出せない!!
電話ではダメ、来て見てくれて 何とか、私のP・Cの状況が解かってくれた。
新しい方法を教わり「絵」を描くよりそれに夢中の今。
この「絵とつれづれに」はどなたにでもは出来ない、簡単な「絵」のサイトではない。  「絵」「絵」アップがとても難しい。一歩はずれれば、大変に。
コピー、コピーで「絵」が膨大に増えている。 それが邪魔をしているんだと、、

8時の小倉さんのニュース番組に座るために朝食の準備、 洗濯機を回し、
一息、、、。  テーブルの上には昨日の葉書サイズ、水彩がある。
食事しながら、それを見て考える。 一日中そんな事にハマっている、70で。
今の私は家事より「絵とつれづれに」、、と描く事と。 元気なうちはそれでいい。
これを制作して下さった飯田さんに本当に感謝する。

彼女は」「絵」とお仕事でお忙しいので ご教授頂けない。
私は祖母育ちで人に頼る生き方をしてきたが「絵」は「師匠」、H・Pは
嫁先生、、、に相成りました。皆んな良い方で海外赴任の息子が帰れば良い。




P・Cスクールに寄るともう私の略歴がカラーで出来ていた。さすがP・C慣れた方
まずい私の顔写真まで。
随時、「絵」を持って行く。時節に合わせた「絵」。

2013年04月17日
今日は風が強い。「嫁先生」が忙しいのにきてくれました。私の画面に
「絵」がでない。「絵描き日記」は出来るのだけど。
半年位前に教えてくれたのをズットやっていたのが或る時出来ない、それで
私がアチコチさわってしまったのか 一杯「絵」が増えて。
時間もなく又、ユックリきてくれる、、、とか。
すぐ忘れるオバアサンにチャンとメモしてくれる。

その後、気になっていたブルーデ―ジ―を水彩で描く。
ここに出しているのではない。
青いビン、写真を見て修整する。 「師匠」の作品を見るがバッチリ強いナイフの
タッチで・・・
私のは女の柔らかな塗り方、 女の弟子なんだもの、仕方がない。。の。

P・Cスクールへ資料を持って行く。 その企画 何だか嬉しい。
これを励みにシッカリ描ける。  (*_*)  元気を貰う。。。

今迄、ブランドの先生のバックアップで「絵」を発表したが地元ではそうは
いかない。
簡単な私の略歴に「師匠」の今のお立場で"恩師"とさせて頂く。

もう一人歩きを・・・ 元気で描いて、眠った「絵」と新作をご披露したい。一生懸命
描いていけばズット私の発表の場にさせて頂く。

2013年04月16日
P・Cスクールの広い壁を与えられてどの「絵」をお願いしょうか?
H・Pで選んで下さい、とは言ったもののよそ様にはチョット見当が付かないだろう?
200点近くあるので今日は自分でそれに合うのを考える。
3点位との事 額を付ければ運ぶの重いのでF3号とF4号当たりか??
もうすぐに季節になる「あじさい」と、今、仕上げた「青いビン」。
サインも入ってなく 「絵とつれづれに」にもアップしていない。。
でも作者としては新作を出したい。F3号、4号のキャンバスのこれと思うものを出してみる。修整箇所を見つける。
長い事、「師匠」に教わった「絵」の理屈で直す。。

何とか3点を額に入れてみる。 額合わせというものは中々難しいもの。
額が「絵」に合っていないと「絵」が良くは見えない。手持ちの額に色々入れて
みて決まったのがやはり黒額、シルバー、だ。
結局 私の「絵」には いつも黒が似合う。
そう云えば 先頃私は小品で地元で個展を本気で考えた事があった。。が。
東光展のご案内状、洋画研究所のグループ展のご案内状も置かせて頂く。
以前から そのまま置かせて頂いているSMと葉書サイズも変えなければ。。。
 
P・Cの先生方、お任せします、、、 お願いします。。


YOU TUBE で森山直太郎を聞きながら準備OK!!若者で頑張っている人が好き。
2013年04月15日
昨日は一日 湯河原の「教室」へ行って来ました。
「バラ」や「百合」やその他沢山のモデルをアチコチに置いて下さり
それぞれに皆んなモチーフを決め描きました。
私は先生の大作にも描かれている「青いビン」を描きました。私一人
それにチャレンジなので自分で位置を変え構成し 主役の入れ方等今更乍ら
ご指導頂きました。
色面で塗りこむこと何べんも言われている事なのに又ご指摘されました。
F4号とSMに小さいもの2点、私としては満足の作品になりそうです。
うちにないモチーフでとても新鮮な作品ができました。モデルを写真に撮って来た
のでしばらくの間 修整、仕上げたいと思います。
月に一度の先生方にご指導頂ける貴重な日です。

眞央ちゃんも引退表明とか、、、私も年を重ねて小品を中心に描く。
可愛いモデル候補ができたので30号は自画像より彼女が良いかも。。。?
来年は30号で 良~い作品を出品したい。 小さいぶんだけ良い作品を・・・描く。

今日は気分を変えアチコチの地元に「絵」をお願いする。

P・Cスクールへ寄ると片づけて真っ白な広い壁をあけたので私の「絵」を
掛けてくれ、との事。皆さん見て行かれるとの事で。
眠った「絵」、見て下されば嬉しい。 ユリさんの画廊と。?
2013年04月13日
ヤット実現、レンタカーで弟夫妻が私の「壁の絵」を取りに来る。実物を
見て上野の森の「閑日」F100号と壁の前にあるザルと玉葱の「一隅」F100号
を選んで持って行く。
額が付けば凄く重い、階段を上げ プチプチで梱包しやっぱり彼等は若い。
今、現代を忙しく生きている息子達とは違いそういう古い価値観をも持つ。
彼は昔の祖母の若い時の達筆のノート、父の「政治学」と表に書かれたノート、
兄弟を回りまわった資料を持ってて来た。まだ目を通してはいないがそれは私の
ルーツ。。うちで止めておきたい。
彼はクラシック音楽に趣味を持つ。叔父がそれを聞きながら「絵」を描き画題
にも曲名を付けているという ドビッシーのCDを持ってくる。
彼等二人は大阪での第九の一万人の大合唱に暮れは参加する。

「僕は絵より音楽の方が好きなんだよ~~」と言うが本当に明るい彼等。
持ってきてくれた夕食を皆で頂く・・・
彼等が持ち帰った「水連」 F4号の「絵」、私は特におススメでないが
人の好みは様々ですね。水彩画マット額も数点。。。

«前のページ 1 ... | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | ... 77 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス